仮想化と産業用制御

本ホワイトペーパーでは、ARCアドバイザリグループのハリー・フォーブズ氏が、産業分野のメーカーが仮想化を導入することで、どのように製造業の進化の障壁を乗り越えているかをご紹介します。

以下に一部を引用します。

今日の工場やプラントで生産設備を自動化する産業用制御システム(ICS)は、モダナイゼーションや柔軟性を阻害する大きな障壁にもなりうるものです。このようなシステムは、用途が単一であること、変更やリプレースには困難やリスクを伴うおそれがあることから、製造業では長期にわたってシステムの一括変更を行わないのが一般的です。

メーカーは、ICS製品の長期的なサポートを、オートメーションシステムのサプライヤに依存しています。このようなシステム向けのサポートサービスは、上位サプライヤのサービスを合計しただけでも、200億ドル規模のビジネスです。オートメーションシステムは、おおむねOT(運用技術)の世界で稼働しています。OTでは非常にゆるやかに変化が起き、変化がずっと急速なIT(情報技術)とは対照的です。

ICSの遅々とした進化は、メーカーとオートメーションサプライヤの双方に課題をもたらします。

ホワイトペーパー全文を読むには、以下でご登録ください。

ホワイトペーパーをダウンロード

*ホワイトペーパーのダウンロードには、お客様情報のご登録をお願いしております。