エンタープライズをエッジに拡張

多くのIoTソリューションプロバイダが、エンドツーエンドなソリューションを謳っています。しかし、詳しく調べてみると、不完全なソリューションであることがすぐわかります。不足は、通常、デバイスのコネクティビティ、管理性、拡張性、セキュリティ、アナリティクス、ビジネスアプリケーションとの統合に関連しています。インダストリアル分野の企業が、設備に多種多様なネットワークやデバイスを採用している場合は特に顕著です。オラクルとウインドリバーが共同制作した本ホワイトペーパーでは、エンドツーエンドなソリューションの主なプロセスとソフトウェアコンポネントについて説明するほか、エンタープライズをエッジに取り込むことで、コネクティビティの問題を解決する方法を紹介します。

目的
  • デバイスのコネクティビティ、管理性、セキュリティを把握する時間を短縮
  • データから価値のあるインサイトを収集することに、より多くの時間をかける
  • システム設計にエンドツーエンドなセキュリティ戦略を取り入れる
  • IT(情報技術)とOT(運用技術)の世界を効率よく橋渡しする
ホワイトペーパーをダウンロード

*ホワイトペーパーのダウンロードには、お客様情報のご登録をお願いしております。