ワイヤレスネットワークの仮想化による
キャリアグレードの可用性確保

4G LTEは、帯域幅の現在の増大する需要に、従来の規格より低コストで対応するのに効果的です。その一方で、無線基地局であるE-UTRAN Node B(eNB)は、RAN(無線アクセスネットワーク)の末端に設置されるため、時間帯によって使用率が低下したり、複雑さが増すため、ダウンタイムコストやフィールドメンテナンスコストが増えます。そのため、eNBはNFV(Network Functions Virtualization)の導入による効果が見込めます。eNB機能の仮想化により、既存RANと比較して機器稼働率の大幅な向上、コスト効率の高い冗長化による高可用性の実現、オペレーションやメンテナンスのコストダウンを図ることができます。

内容
  • RANとC-RANの信頼性およびコストの相違
  • 効果的なC-RANソリューションの主要コンポネント
  • キャリアグレードのインフラによって、C-RANなどのNFVソリューションをどのように実現するか
ホワイトペーパーをダウンロード

*ホワイトペーパーのダウンロードには、お客様情報のご登録をお願いしております。