オープンでセキュアな
インダストリアル オートメーションシステム

今日、インダストリアルオートメーションに対するソリューションの多くは、これらが市場に流通する他製品との相互運用性を持たない独自ソリューションであるという理由から、非常に高額かつ柔軟性も欠如しています。通信サービス事業者プロバイダもまた、10社以上におよぶ世界の大手事業者により、業界標準サーバを基盤とする、相互運用可能ソリューションへの移行が提案されるまでは、依然として独自装置がほぼ一般的に利用されているという課題に直面していました。通信機器ベンダでは、COTSサーバ上で稼働するソフトウェアベースのネットワーク機能の提供を開始、これによりスケールメリット、ベンダ選択肢の増加、相互運用性が実現しています。本ホワイトペーパーでは、これに相当する技術変革が産業関連企業内において、どのように起こっているかについて解説します。

目的
  • エンドユーザの目的に応じたコンポネントの選択を妨げる、独自ソリューションの問題点
  • 柔軟性、イノベーション、コスト削減など、ソフトウェア定義型インフラのアプローチの利点
  • ソフトウェア定義型アーキテクチャの要件およびWind River® Titanium Cloud™の利用方法
ホワイトペーパーをダウンロード

*ホワイトペーパーのダウンロードには、お客様情報のご登録をお願いしております。