実用化の視点から見た自動運転車

自動運転車の実用化が確実に近づきつつあります。問題は、いつ、どのように、設計図やテストコースを離れて、一般道路や高速道路に登場するかです。一説によると、早ければ2020年にもロボットカーが路上を走ります。しかし、時間軸はどうであれ、自動運転車の商業化を促す、最終的に最も重要な課題になるのは、量産への対応です。

目的
  • ソフトウェアはどのように自動運転車の価値を推進するのか
  • 量産に対応したソフトウェアの主要な要件
  • 実験段階から生産ラインに進めるために必要な要素
ホワイトペーパーをダウンロード

*ホワイトペーパーのダウンロードには、お客様情報のご登録をお願いしております。