Wind River Blog Network 翻訳版
本サイトでは、Wind River Blog Networkの一部を翻訳し公開しております。

ウインドリバー、セキュアなデバイスライフサイクル管理でインダストリアルIoT(IIoT)を進展

October 3, 2017

ウインドリバー、セキュアなデバイスライフサイクル管理でインダストリアルIoT(IIoT)を進展

Keith Shea

インダストリアルIoT(IIoT)がお客様に対して価値を創出できるのは、接続されたデバイスがアクティブに監視、管理されている場合に限られます。こういったデバイスのセキュリティ、運用、動作を最高レベルで保証するには、デバイス管理をIoTシステムアーキテクチャの一部として最初から組み入れておくことが必要です。デバイス管理はIoTを実現する主要な要因であり、今日のIoT導入において非常に重要な要素です。

ウインドリバーの新サービスでIoTセキュリティに立ち向かう

September 26, 2017

ウインドリバーの新サービスでIoTセキュリティに立ち向かう

Amit Ronen

セキュリティはIoT化が直面する一番の問題です。広範な導入を開始する前に、適切に対処する必要があります。ITシステムでは、サイバーセキュリティの優先順位は高くなりましたが、依然として大規模なセキュリティ侵害が跡を絶ちません。たとえば、アンセム、ホームデポ、米国連邦人事管理局、ソニー、ターゲット、フランス軍需企業DCNSなど、大企業のハッキング被害が続いています。サイバー攻撃の脅威はまさに現実のものとなっています。毎日100万近いマルウェア脅威が新たに確認され、数百万件のサイバー攻撃が実際に発生しています。

マルチコアシステム:5段階の課題

August 15, 2017

マルチコアシステム:5段階の課題

Stephen Olsen

この10年間のアビオニクス業界は、急速なテクノロジの進展で特徴づけられます。コネクテッドコックピットというビジョンは、日常的現実になりつつあります。ハードウェアとソフトウェアの進歩に支えられて、アビオニクスサプライヤは、航空機の翼に最大10,000ものセンサーを搭載できるようになっています。航空管制システムと、多数の地上管制システムや燃料節約アプリケーションとの接続が可能なのは言うに及びません。このような現実を可能にした主な要因は、マルチコアプロセッサとソフトウェアソリューションの普及です。

新しいOpenStack Live Migration機能をよくご存じですか?

August 9, 2017

新しいOpenStack Live Migration機能をよくご存じですか?

Ron Breault

OpenStackに接してから5年以上経ち、Live Migration機能にはすっかり慣れてしまったと言っていいでしょう。するべきことを行うだけですが、それを巧みに処理します。しかし、あらためて考えてみると、OpenStack Live Migrationは実にすごい機能です。特に、最近加えられたさまざまな改善点を考え合わせると、まさにそうです。詳しくはこの先を読んでください。

TSN(Time-Sensitive Networking):インダストリアルIoT(IIoT)の実現に向けた高信頼通信

July 24, 2017

TSN(Time-Sensitive Networking):インダストリアルIoT(IIoT)の実現に向けた高信頼通信

Ka Kay Achacoso

最近、産業分野の製造現場では、複数のロボットアーム、カメラ、ポジションセンサー、コントローラが1つのネットワークに接続されている場合があります。カメラやセンサーは、コントローラにデータを送信します。コントローラは、ロボットアームにコマンドを送信します。コントローラから送られたコマンドが、10分の1秒遅れてロボットアームに届いたらどうなるでしょうか。あるいは、センサーのデータがコントローラに届いていないとしたら?ロボットアームが座標をオーバーしたり、コントローラが欠落したデータに基づいて、間違った決定を行うかもしれません。

空気をきれいに

June 27, 2017

空気をきれいに

Amanda Lowe

今日、都市部では人口が急増しており、驚くべきペースで環境汚染が進んでいます。世界中で都市インフラが限界に近づき、地域社会の市民の健康が脅かされています。先頃インテルが発表した「Bosch Air Quality Micro Climate Monitoring System(MCMS)」は、大気質を測るパラメータを迅速かつ正確に測定するセンサーとソフトウェアを搭載しています。MCMSは、クラウドベースのアナリティクス、データ管理、可視化ソフトウェアなどの機能により、大気の質に問題があれば、ユーザにすばやく警告できます。ユーザは行動を変えて、即座に効果を上げることが可能です。Wind River Helix Device Cloudを使えば、ユーザは、クラウド経由でMCMSを迅速にデプロイ、接続、管理することができます。

新型クラウドプラットフォームで、通信分野のセキュアなエッジコンピューティングアプリケーションのデプロイを簡素化

June 26, 2017

新型クラウドプラットフォームで、通信分野のセキュアなエッジコンピューティングアプリケーションのデプロイを簡素化

Charlie Ashton

通信分野のエッジアプリケーションがもたらす新たな収益機会

セキュリティで妥協することなく、産業用制御アプリケーションを仮想化

June 24, 2017

セキュリティで妥協することなく、産業用制御アプリケーションを仮想化

Charlie Ashton

仮想化は、適切なソフトウェアプラットフォームを選択しているかぎり、従来の物理インフラで提供されるセキュリティレベルを落とすことなく、幅広いメリットを産業用制御アプリケーションにもたらします。さらに、新たに出現した脅威に対応して動的にアップデートできることで、システムレベルのセキュリティを強化することになります。

VxWorks 653 Multi-core Editionのアップデート:COTSの認証取得用ドキュメントが重要な理由

June 22, 2017

VxWorks 653 Multi-core Editionのアップデート:COTSの認証取得用ドキュメントが重要な理由

Stephen Olsen

高度に複雑な航空機システムの需要が伸び、サプライヤは、格段に高機能化した航空機を実現しながら、増大する安全認証取得要件への対応を迫られています。それは、最先端のコックピットには、セーフティクリティカルなソフトウェアが要求されるためです。この複雑な事態に対処する1つの方法が、米国連邦航空局(FAA)や欧州航空安全局(EASA)など、航空機の運航を認可する安全機関に提出可能な認証取得用ドキュメントが付属する、COTSのソフトウェアテクノロジの使用を増やすことです。認証取得用のドキュメントをテクノロジサプライヤが用意すれば、新しいプロジェクトのあらゆるレベルでリスクを最小限に抑える必要のあるアビオニクス企業にとって、重大なリスクが取り除かされます。これは、認証取得のプロセスが複雑で、プロジェクトのリスクが急激に増大するマルチコアプロセッサを使用する場合に、一層重要になります。

ビジネスに活用する段階に入ったFACE™規格

June 15, 2017

ビジネスに活用する段階に入ったFACE™規格

Chip Downing

The Open GroupのFACE™(Future Airborne Capability Environment)Consortiumにとって、2017年は当たり年です。設立7年目に入り、技術文書とビジネス文書が完成しました。今後、何世代もの軍用機で持続的な効率化を図り、新たなFACE調達を促進するものです。FACEの取り組みは、競争力のある次世代航空機システムを、効率よく、手頃な価格で構築できる段階に入ったのです。