Wind River Blog Network 翻訳版
本サイトでは、Wind River Blog Networkの一部を翻訳し公開しております。

November 15, 2017

Wind River、権威あるMilitary & Aerospace Electronics Innovation Awardsを受賞


Chip Downing 著

Wind River VxWorks 653 Platformにとって、2017年も輝かしい1年でした。Wind Riverは、VxWorks 653で、Military & Aerospace Electronics and Intelligent Aerospace Technologyのゴールドアワードという権威ある賞を今年も受賞したのです。これにより、業界をリードする本製品の価値と機能が実証されました。また、Wind RiverがPresagisおよびCoreAVIと共同製作したマルチタッチプラットフォーム(VxWorksを含む)もプラチナアワードを受賞しました。
VxWorks 653は現在、220社以上のお客様が、80機を超える430以上のIMA(integrated modular avionic:統合化アビオニクス)プロジェクトで使用しています。長年の実績があるIMA VxWorks 653を様々な業界のフェデレーション/スタンドアロンVxWorks認定製品と組み合わせて、350社以上のお客様が、非常に高い安全性が求められる空、海、陸上での100以上のプラットフォームで、550以上のプロジェクトにWind Riverの技術を採用しています。Wind Riverの強力な認定製品シリーズにとってこれは驚くべきサクセスストーリーと言うほかなく、VxWorks製品シリーズにとって2017年も素晴らしい年になりました。

今年はFACE Technical Standard Operating System Segment (OSS) Safety Base Profileに準拠したFuture Airborne Capability Environment (FACE™) 認定取得からスタートしました。VxWorks 653はこの業界標準に準拠した、最初の、そして今なお唯一のFACEオペレーティングシステムです。
その後、VxWorks 653 Multi-core Edition RTCA DO-178C DAL A COTS 認定エビデンスをリリースしました。このCOTS認定エビデンスDVDには現在、お客様の安全性認定要件に対応する40,000以上のハイパーリンクファイルが含まれています。このエビデンスに対応する最初のプロセッサはNXP T2080で、他の多くのプロセッサについても、認定エビデンスの作成作業が進んでいます。

VxWorks 653 Multi-core Edition Architecture

VxWorks 653がこれほど成功した要因とは何でしょうか?Wind Riverのシングル/デュアルコア製品、VxWorks 653 2.xは、複数のアプリケーションサプライヤがIMAコンピュートプラットフォームを共有して迅速に統合できるように設計されており、マルチベンダー、役割ベースのサプライチェーン標準、RTCA DO-297に準拠しています。堅牢なパーティショニングと、RTCA DO-330認定取得済みの開発/検証ツールによって、変更部分だけをテストすることができます。その結果、ソフトウェアの変更時に、プラットフォーム全体をテストし直す必要がなくなります。これにより、お客様がテストや認定作業に毎年かけている数百万ドルのコストを削減し、商品化や導入に費やす時間を増やすことができます。
VxWorks 653 Multi-core Editionにはさらに機能が追加されています。高度なマルチコアプラットフォームのハードウェア仮想化アシスト機能をフルに活用し、1つ以上のコアに割り当てられた、変更なしのゲストOS環境にも対応しています。これによって、レガシーARINC 653、POSIX、FACE、VxWorksアプリケーションを次世代のマルチコアシリコンに瞬時に統合することができます。事実、VxWorks 653 Multi-core Editionは、変更や再テストに伴う高額なコストを避けるため、Linuxアプリケーションしか搭載していないシステムでも使用できます。

サポートするプロセッサが増え、仮想化と安全性認定が非常に重要な、工業や運輸といった新たな市場にも引き続き参入している製品にとっては、2018年も素晴らしい年になるでしょう。こうした新しい展開については、近日中にお伝えしたいと思います!