Titanium Server

通信サービス向け常時稼働仮想化プラットフォーム

Wind River® Titanium Serverは、完全インテグレーション済みで、超高信頼性を誇る、業界唯一のデプロイ対応仮想化ソフトウェアプラットフォームです。サービス事業者は仮想化されたサービスを、より迅速かつ低コストに、保証された稼働率でデプロイすることが可能です。


Winner
NFV Infrastructure of the Year

エンタープライズサーバやコンピューティングテクノロジは、キャリアネットワークの厳しい要件に対応するように設計されていませんでした。

Wind River Titanium Serverは、この問題を解決します。Titanium Serverが提供するアプリケーション対応ソフトウェアプラットフォームは、キャリアグレードの信頼性で仮想機能を実行し、世界で最も要求水準の高いコンピューティングや通信ネットワークのパフォーマンス、信頼性、セキュリティの厳しい要件に対応するように構築されています。

  • 柔軟性: サービスのスケールアップ/ダウン、スケールイン/アウトをスピーディに実現し、新サービスを必要に応じて動的にデプロイ
  • パフォーマンス: 各サーバでサポートする利用者数を最大化し、運用コストを最小化
  • 信頼性: サービスの常時稼働を実現

Titanium Server の製品概要を見る

最新版の新機能

運用効率に重点を置いたTitanium Server 最新版は、サービス事業者や通信機器メーカーと何度も意見交換を重ねた結果得たフィードバックが生かされています。


注目ポイントはこちら

ユースケース

Titanium Serverは、以下のような幅広いネットワーク仮想化アプリケーションに適しています。

  • 仮想CPE(宅内機器)
  • 仮想RAN(無線アクセスネットワーク)
  • 仮想EPC(Evolved Packet Core)
  • 仮想BRAS(ブロードバンドリモートアクセスサーバ)
  • 仮想SBC(セッションボーダーコントローラ)
  • 仮想CDN(コンテンツデリバリネットワーク)

Wind River Titanium Server CPE

CPEでのデプロイに最適な、小回りのきく新たな2サーバ構成のTitanium Server

Titanium Server CPEは、Titanium Serverの超高信頼性と高パフォーマンスを可能にするすべての機能を、2サーバ構成で提供します。仮想ビジネスCPE(vBCPE)のような高密度アプリケーションの基盤に最適です。

Titanium Server CPEの詳細はこちら

主な利点

比類のない「99.9999%」の信頼性

  • ソフトウェアスタック全体を通じてキャリアグレードの可用性と信頼性
  • 99.999%の稼働時間を保証
  • 年間30秒未満のダウンタイム
  • 高速でセキュアな仮想マシン(VM)のフェイルオーバー(ITによる仮想化より50~100倍高速化)

価格とパフォーマンスが500%改善

  • エンタープライズグレードのネットワークよりもコストを劇的に削減し、パフォーマンスも大幅に向上
  • 割り込みレイテンシとタイマレイテンシの性能が40倍向上
  • 費用が一般的ITソリューションの50%未満
  • ライブマイグレーション:ネットワークのダウンタイムが500ミリ秒未満

オープンでスケーラブル

  • コアに標準準拠でオープンソースのYocto Project Linux
  • 基盤はキャリアグレードプラグイン付きOpenStack
  • プロビジョニング・管理用オープンAPI
  • 数千のVMを実行可能

NFVハードウェア、管理ソフトウェア、VNFの豊かなエコシステム

  • 検証済みのハードウェアとソフトウェアによる迅速な展開
  • 複数の既存VNFで検証済み
  • サードパーティソフトウェアを使用できるオープンで柔軟な環境

確かなネットワークインテリジェンス

  • 必要なときに、必要な場所にインテリジェンスを提供
  • VM間のパケットアクセラレーションを搭載
  • ディープ・パケット・インスペクション(DPI)を実装できる柔軟なオプション
  • VMの効率的なトラフィックシェーピングや管理

Titanium Serverの高速仮想スイッチ(AVS)上で実行することで、VNFのパフォーマンスを最大化

  • 標準VirtIOネットワークドライバを使うVNFをAVS上で未修正で実行 — コードの修正が不要
  • Accelerated Virtual Port(AVP)Kernel Loadable Module(KLM)を搭載することで、VNFの性能が最大9倍向上 — コードの修正が不要
  • DPDKベースのVNFの場合、AVS Poll Mode Driver(PMD)でリンクすることで、性能が最大40倍向上(通常は15分以内)

Titanium Cloud

Titanium Cloudは、ウインドリバーのパートナーエコシステムです。次世代ネットワーク上でNFVを構築するために、相互運用可能な製品とテクノロジを幅広く提供します。


技術的特長

Titanium Serverには、複数のVNFを実行する仮想化ネットワークの構築や実装の成功に不可欠な、ランタイムコンポネントとライフサイクル開発ツール、サービス、開発者サポートが用意されています。

  • TL9000設計手法:99.9999%の信頼性を保証
  • 10 Gbpsフルラインレートの高速仮想スイッチ:未修正のゲストアプリケーションを実行
  • 10 µsのディターミニスティックな割り込みレイテンシ:要件が最も厳しい宅内機器(CPE)やネットワークのアクセス部分での仮想化をサポート
  • VMのライブマイグレーション(「シェアードナッシング」モデルなど)の高速化:エンタープライズソフトウェアより40%高速
  • コントローラ、ホスト、VMの障害検知がエンタープライズLinuxより60倍高速:自動復旧、単一障害点の解消
  • 完全インテグレーション済み通信グレードのセキュリティ:完全なAAAアクセス制御など
  • ETSI(欧州電気通信標準化機構)などの標準化団体による試験運用に参加

構成要素

Titanium Serverには、高パフォーマンスで超高信頼性の仮想ネットワークのコンポネント構築に必要な包括的な技術ポートフォリオが用意されています。以下のものが含まれます。

ご存知でしたか?

「99.9999%」のネットワーク可用性とは、年間ダウンタイムが30秒未満であることを意味しています。

オープンスタンダードへの取り組み

ウインドリバーは、モノのインターネット(IoT)構築に向けた重要な業界標準イニシアティブに積極的に参加して先導しています。

openstack logo openvirtualization logo etsi logo onf logo

関連リソース