WIND RIVER
Helix Device Cloud

Wind River® Helix Device Cloudは、設置されたIoTデバイスや産業機器を、ライフサイクルを通して管理するためのソリューションです。運用コストの削減、導入期間のスピードアップを図れるほか、開発リソースを製品の差別化に集中することができます。

製品概要はこちら

デバイスのライフサイクル管理に伴う課題を解決

デバイスから得られるデータは、ビジネスに不可欠です。しかし、デバイスに問題が生じたら、どうなるのでしょうか。

Device Cloudのコネクティビティサービスは、デバイスの状態を監視するテレメトリデータ、双方向のファイル転送、リモートアクセスを提供します。重要データの収集に影響する前に、フィールドサービスエンジニアが問題を発見、診断するのに役立ちます。Device Cloudなら、IoTデバイスのデプロイ、監視、点検修理、アップデート、廃棄というデバイスのライフサイクル全体で、主要機能に不可欠な幅広いサポートを得ることができます。

  • ゼロタッチオンボーディングにより、デバイスを即座に接続、管理、セキュア化
  • セキュアな双方向の接続性により、遠隔診断やデバイスの遠隔修理が可能
  • 新規デバイスはフィールドでの起動時にアップグレードし、新たなアップデートがリリースされると配信
  • デバイスのコンフィギュレーションやソフトウェアのインベントリを管理して、すべてのフィールド資産を常に把握
  • 関係者がデバイスの状態にアクセスできるように、他のエンタープライズシステムと統合

製品概要

関連リソース

主な利点

システムの中断やダウンタイムを防止

システムの中断やダウンタイムを防止

瞬時に通知されるアラート機能で、デバイスの状態を継続的に監視できます。

運用の可視性を向上

運用の可視性を向上

IoTデバイス全体の状況を簡単に把握できます。

開発期間の短縮

開発期間の短縮

時間やリソースをかけずにデバイス管理機能を構築できます。

保守要員の派遣が不要

保守要員の派遣が不要

1台から数千台のデバイスの故障修理、パッチ適用、アップデートをリモートで行えます。

デバイスのライフサイクル管理

IoTが効果を発揮できるのは、接続されたデバイスがアクティブに監視、管理されている場合に限られます。企業が重要なビジネスデータを得るために利用するデバイスのセキュリティ、応答性、動作を最高レベルで保証するには、デバイス管理をIoT戦略の一部として最初から盛り込む必要があります。しかし、デバイス管理機能をゼロからシステムに組み込むには、時間、リソース、コストがかかりかねません。Device Cloudは、それができる構築済みのプラットフォームです。

デプロイ

  • プロビジョニング
  • 認証
  • セキュリティ

監視

  • 状態やステータス
  • アラート
  • 通知

点検修理

  • コマンド実行
  • ログファイル取得
  • リモートアクセス

管理

  • プロパティ
  • 変更履歴
  •  

アップデート

  • ファイルの配布
  • アップデートの実行
  • ステータスの追跡

廃棄

  • エージェントの停止
  • ファクトリーリセット
  • リサイクル

試作から商用展開にシームレスに移行

ウインドリバーなら、あらゆる段階でサポートできます。Device Cloudは、より幅広いソフトウェア、開発ツール、サービスをまとめたHelixポートフォリオの一要素です。IoT基盤を構築、管理するあらゆる企業を支援します。

どんな規模のプロジェクトでも、あらゆるニーズに対応

IoT基盤を網羅する専門性

長期サポート

どんなタイプの企業でも支援

お問合せはこちら

既知および未知の脅威からの保護

既知および未知の脅威からの保護

Device Cloudは、エッジからエンタープライズまで、多層的なセキュリティ戦略で設計されています。開発者は、標準搭載された強力なデータ暗号化やデバイス認証テクノロジで、IoTデバイスライフサイクルの各段階でセキュリティ対策を実装できます。

詳細はこちら