インサイト

企業がモノのインターネット(IoT)の可能性を最大限に引き出すためには、セキュリティや規格、ビジネスモデル、デバイス管理といった数多くの課題に対応する必要があります。

200~500億

2020年までにIoTに接続されるデバイスの数

IDC社

68%

IoTプロジェクトにIT予算を割り当てている企業の割合

ベースライン社

ビジネスの変革

IoTによって自動化と運用上の改善が実現することは確かですが、IoTの真の可能性は、ビジネスモデルを転換して、競合優位性を生み出すことにあります。

「ウインドリバーが単なるRTOSプロバイダではないことは、すぐにわかりました。常に新しいソリューションの開発を支援し、すばらしいテクニカルサポートを継続的に提供してくれました」

フェデガリAutoclavi社、オートメーションマネージャー、マッシモ・ゲルフィ氏

42%

IoTの最大の課題がセキュリティであると考える世界の経営幹部の割合

シスコシステムズ社

セキュリティ

セキュリティほど、IoTの成功を左右する課題はありません。IoTシステムを設計する際には終始一貫して、IoTインフラのあらゆるポイントでのデータとデバイスの保護方法を検討する必要があります。

14,996エクサバイト

2020年までにクラウド環境に保存されるデータ量

IDC社

双方向コミュニケーション

センサーやデバイスからの単なるデータ抽出は、IoTの役割の半分にすぎません。もう半分は、デバイスやマシンへの通信の管理であり、これによって人的な介入なしでオペレーションを自動化、改善できます。

NEED MORE INFORMATION

Please fill out the form below to gain access to our collection of IoT white papers. All fields are required.