ウインドリバーの採用事例

Shiron Satellite

「単なる製品開発と業界をリードする一流ソリューション構築の違いを、ウインドリバーチームが示してくれました」


—Shiron Satellite Communicationsプロジェクト、研究開発担当バイスプレジデント、エイアル・エルハヤンニー氏

ウインドリバーを活用して、Shiron Satelliteがより優れたブロードバンドをより低コストで開発

今日、驚くほど世界はつながっています。そのつながりを担っている企業の1つが、イスラエルのShiron Satellite Communications社です。同社のInterSKYシステムでは、質が高く低価格のインターネットアクセス、インタラクティブマルチメディア、さらに遠隔地用のインターネットプロトコル(IP)ブロードバンドアプリケーションが提供されています。当初Shiron社では、パソコン上で動作するWindows®ベースのOSを使ってInterSKYを開発していました。そのOSでは十分な成果が得られなかったため、リアルタイムOSへの変更を決めました。いくつかの候補を検討した末、文句なしでVxWorks®に決まりました。

Shiron Satellite使用ソリューション

VxWorks

紹介コンテンツ

サクセスストーリー
ウェブサイト

製品の小型化、市場投入までの時間の短縮

現在では、Shiron社のすべてのソリューションが、Wind River® Platform for Consumer Devices(コンシューマ機器開発プラットフォーム、VxWorks Edition)上で構築されています。そして、EclipseベースのWind River Workbenchによる共通ツールセットの標準化で開発チームを支援し、市場投入までの時間の短縮を実現しています。同社は、ウインドリバーを活用してリアルタイム性能を実現し、成長を続けるブロードバンド衛星市場に適した、よりコンパクトでより安定した製品を開発できるようになりました。フットプリントや重量など、製品のサイズの縮小を実現し、予算も抑えることができました。同社はVxWorksのおかげで製品コストが半減したとコメントしています。