ウインドリバーの採用事例

コンチネンタルAG

「現在取り組んでいるデバイスは、数年前より高度化しています。自動車分野のテクノロジ、機能、安全性で最先端に立ち続けるには、ウインドリバーのような業界リーダーと緊密な関係を保つことが不可欠です」


—コンチネンタル・オートモーティブグループ、PLMシステム・ソフトウェア・検証部門ディレクター、ウード・ユーダシュケ博士

安全運転:ウインドリバーの支援で、コンチネンタル・オートモーティブグループが厳しい規格に適合

「ゼロアクシデント」を目標に掲げる、世界的な自動車部品大手のドイツのコンチネンタルでは、ドライバーの安全が主要な優先事項になっています。コンチネンタルのオートモーティブグループは、自動車向け機能安全に関する国際規格ISO 26262の要件に対応できるように、Wind River® Diab Compilerを採用して、重要な組込みシステム向けに規格に準拠した高品質なコードを作成しました。Diab Compilerにより、同社では世界48拠点の開発データの一元化が可能になり、その結果、30%以上のコスト削減が実現しました。

コンチネンタル使用ソリューション

Wind River Diab Compiler

紹介コンテンツ

プレスリリース
ウェブサイト

テスト済みの高い信頼性

コンチネンタルは、ブレーキ、エンジン制御、エネルギー制御などの駆動・車両制御システムの開発に、Diab Compilerを使用しています。Diab CompilerはOS非依存のツールスイートで、C/C++コンパイラ、アセンブラ、リンカ、ANSI C/C++ライブラリ、命令セットシミュレータ(ISS)を搭載しています。オートモーティブ市場のセーフティクリティカルなアプリケーションだけでなく、インダストリアル、メディカル、航空宇宙システムでも広く使用されています。すべてのリリースで、50万以上のテストケースを使って規格への準拠と性能がテストされています。コンチネンタルのような安全意識の高いサプライヤーにとって、ソフトウェアの信頼性は付随的な要件ではありません。最優先課題です。